オデカケビヨリ

萩ノ夜祭

d0162864_06044954.jpg




少年の森で遊んだあとは、19時からのプロジェクションマッピングを見るために偕楽園へ移動。
夜梅祭ならぬ、萩ノ夜祭
ネーミングは、とっても和でいい感じ。
しかも偕楽園の景観を使ったプロジェクションマッピングってどんな感じ~???
と、期待で胸は高まったのですが!!!


ごめんなさい、正直ちょっと想像してたのとは違いましたねー。
まずですね、プロジェクションマッピングが云々の前に!
どこで上映するのかがにわかりにくい → どこがメインで、どこまでの席の人が見えるのか。
そして、三脚を立てたカメラマンが最前列に構えている → 一般の方が見えない
このカメラマンに関しては、私が擁護させていただきます(笑)
両方の気持ちがわかるから。

だってだってー!想像以上に空いていて、三脚の方はお断りみたいな事を言われ無かったら、見やすいところで撮りますって!
最初から混んでたり、場所取りしてる人がいるならまだしも。
動画や写真を撮りたいと思う方は、早めに来ますからねー。
本当に空いてたんですよ~。
だから、どこで上映してどんな風に座ればいいか、アナウンスしてあげた方が良かったと思うんですよね。
周りの事を考えないカメラマンはいないと思うので。

HPを見る限り、ちょっと今回のような場所に上映されるのは想像つかなかったです。
なので、後ろの方の人は「全然見えない、何やってるかわからない」とざわざわしてました。
・・・本当に見たい人は、2回目の上映まで残るかもしれません。
でもうちみたいに小さい子供がいる人は、全く見えなくて飽きちゃって・・・途中で帰りました(^_^;)

決して否定している訳ではありません。
本当にもったいないなーと思ったので。
あまりに見えないから、上映が始まると前の方の人も立ち始めちゃったのも悪循環ですよねー。
後ろの方に座ってた人も、前に行って立って見てる。
ので、さらにみえなくなっちゃう。
最前列の人だけは、傘や小さ目のスクリーン?にいろいろ映し出されているのも見られたようですが。
最前列じゃないと、子供なんて全く見ません。
みんな立ってるからなおさらです。
全員座ってたらまた違ったのかなと思います。


スミマセン、ヒトリゴトを延々と。
ただ本当にもったいないなーと思ったので(連呼してます)。


写真もちょっとそんな感じで全然撮ってませーん!
まぁ、最初からプロジェクションマッピングなんて撮れるとも思ってませんでしたので、撮るつもりも無かったですが(笑)
撮る気の方は装備が違います。
さすがでした~!
そんな様子を見守っていました。


と、何だかわからないレポでしたが。
是非来年はもうちょっと改善していただけたらなー。
折角なのにもったいなーい!!!


でも、夜の気分を味わえたのは良かったです。
少年の森、楽しかったです(笑)



by sa2ki-h6 | 2017-09-15 06:16 | オデカケ(水戸市) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sa2ki9.exblog.jp/tb/25613263
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zbjsower at 2017-09-16 08:25
おおーっ!
遂にメインイベントのプロジェクションマッピングかぁ~!と思ったら、写真はあまり残せなかったのですね;;
空いているのに全然見えないというのは・・・これは運営側がちょっと考慮する必要がありそうです。

Commented by sa2ki-h6 at 2017-09-16 15:53
>Hideさん
いや、さすがに上映前にはそれなりにお客さんはたくさんいましたよ!
上映時間に合わせて、人が来てる感じですかねー。
でも梅祭り期間に比べたら・・・半分以下かな。
なので、三脚を据えたカメラマンが余計に目立ってしまっているのだと思います。
運営側がもうちょっと工夫してくださったら、とってもいいイベントになると思います。